ホーム > メンタルヘルスケア・サービス > 就業規則改定コンサルティング

就業規則改定コンサルティング


メンタルヘルス不調による休職者・復職者への対応を想定していない就業規則により、苦慮されている人事・労務ご担当者様に、就業規則の見直し・作成までを含めたコンサルティングを提供いたします。


サービスの概要

貴社の就業規則はメンタルヘルス問題に対応していますか?


復職する社員が再発しないように適切なステップを踏んで復職させたい。
休職・復職予定者を会社指定の医師に受診させたい。
メンタル問題を想定した欠勤・休職の期間を見直したい。
復職した社員が期待した労務提供ができていない、等。

このようなメンタルヘルス問題に対応できる就業規則を再構築するために、これまで多くのメンタルヘルス問題に関り、問題解決を行なってきた当社の専門家、社労士、弁護士、キャリアマネジメント・コンサルタント、リスク&クライシス・カウンセラー、企業危機管理士等がサポートします。
企業の人事・労務リスクマネジメントとして、現状のメンタルヘルス問題に対応した就業規則の見直し、改定は喫緊の課題です。


サービスの流れ

1.現状の就業規則の確認

休職・復職に関連する部分のみをご提供頂き、当社で内容を確認。
※ 事前に機密保持契約を交わすことも可能です。

2.就業規則改定ポイントのアドバイス

現状の就業規則の問題点を明確にして、抱えている問題や今後起こりそうなケースを想定して、詳細な内容を打ち合わせします。

就業規則改訂
3.就業規則改定版の作成

当社社会保険労務士により具体的な文言にまで落とし込み改定案を提出します。
※ 休職・復職部分のみの別規程としてご提出いたします。


★ その他、オプションとして以下の休職・復職関連サービスも提供しています。

職場環境調整を含めたメンタルヘルス不調者の休職・復職対応コンサルティング
職場復帰時のリハビリに関するシステム・プランニング
産業医かつ精神保健指定医によるメンタル・セカンドオピニオン・システム 等

詳しいお問合せはこちらまで