ホーム >EAP(従業員支援プログラム)>EAPについて > スポット・カウンセリング&コンサルティング

スポット・カウンセリング&コンサルティング

メンタル不調者への対応やその予防策として、また、ハラスメント問題やコンプライアンス問題の解決に向けた個別対応をカウンセリングを通じて実施することが可能です。 貴社内の産業医や産業保健スタッフ、人事・労務ご担当者様などからのリファー先の専門機関の一つとして、当社のスポット・カウンセリングサービスをご利用いただけます。

スポットカウンセリング&コンサルティング 実施の流れ


スポット・カウンセリング&コンサルティング

①貴社にてカウンセリング依頼対象者発生

>>対象者イメージはこちら

②当社相談室でのカウンセリング実施日時を予約

・貴社会議室・相談室での出張カウンセリングも実施可能です。

③予約日時にカウンセリングを実施

④カウンセリングの結果を担当者様へ報告

EAP詳細レポート の提出と電話による補足説明を行います。

担当者様に当社相談室にご来所いただいての実施も可能です。

いずれの場合もカウンセリング対象者の同意の下に実施します。

※EAP詳細レポートはオプションサービスです。

  ◆メンタルヘルス問題の他、ハラスメントやコンプライアンスに関する相談にも対応。

カウンセリングによって個人の問題をサポートするだけでなく、企業にとって大きなリスクとなるハラスメント問題やコンプライアンス問題を早期に発見し、本質的な問題への介入や改善のためのサポートを行います。

メンタルヘルス対策での活用事例

 

ケース1.ハラスメントが原因のメンタル不調

◎ 人事労務担当者様からの依頼
半年前から疲労の色が見られるAさん(入社5年目、技術職)について。
定期健康診断で大幅な体重の減少、眩暈・立ちくらみといった貧血症状、睡眠不全の状態が判明した。産業医からは1ヶ月ほど休職して休養に専念するのも一つではないかと言われたが、本人は断固として拒否。会社としてどう対応したらいいのか。Bさんのカウンセリングをお願いしたい・・・。

続きをみる