ホーム > メンタルヘルスケア・サービス > ストレスチェック・組織職場分析

ストレスチェック・組織職場分析

職場で高いストレスを抱えている人は、メンタル不調者の予備軍です。ストレスチェックの結果を個人に返却して、各自がセルフケアに役立てるだけでなく、高ストレス者へのフォローをしっかりと行うことが、メンタルヘルスの一次予防につながります。

WEB方式と紙方式、日本語と英語での対応が可能

当社では、厚生労働省の指針に即した設問内容で、WEB方式と紙方式、英語と日本語でのストレスチェックを提供しております。職員様自身がストレスの状況を把握したり、産業保健スタッフによるケア等、「第一次予防」の推進として役立てたりすることができます。

ストレスチェック結果内容に対して電話・メールでの無料相談が可能

ストレスチェック結果の読み方や活用の仕方についてのご質問や、メンタルヘルスセルフケアについてのご相談を無料で電話とEメールにて受け付けます。期間は、ストレスチェック結果返却後1ヶ月まで。 対応は専門カウンセラー・コンサルタントが行ないます。

組織・職場ごとに総合健康リスクを分析・比較

各職場ごとに分析・比較した「高ストレス者の分布」及び「総合健康リスク」を基にした職場環境改善のアドバイスを含む報告書を提出いたします。
また、実施者である貴社産業医様や産業保健スタッフ様向けに回答した全個人結果一覧を提出いたします。

当社は実施事務従事者として実施者様と企画から結果報告まで連携してスムーズに運営していきます。

詳しい資料をご希望の場合はこちらまで

ストレスチェック後の高ストレス者へのフォローが可能

ストレスが高い人にそれを通知するだけで、その後の対応ができなければストレスチェック実施の価値は下がります。当社ではチェック後のオプションとして、高ストレス者へのフォローサービスの実施をお勧めしています。

→ストレス診断実施後のフォローサービスについてはこちらをご覧下さい。