ホーム > メンタルヘルスケア・サービス > ストレスチェック・組織職場分析 > ストレスチェック実施後のフォローサービス

ストレスチェック実施後のフォローサービス
~当社産業保健スタッフによるサポート~


当社の専門スタッフが貴社の社外産業保健スタッフとして、ストレスチェックの結果から「高ストレス者」と判定された者に対して、適切な支援や対応が行き届くようにフォローします。

ストレスチェックはその後のフォローが最も重要

多くの公的機関・民間企業が推進するメンタルヘルス対策の中で、ストレスチェックの位置づけが曖昧で、実施後の対応は従業員本人任せになっているなど、結果を有効に活用できていないケースが多く見受けられます。その背景には、適切な対応ができる産業保健スタッフを社内に有していないこともあげられます。
現状のストレスチェックのあり方に、あなたの組織は満足していますか?


▼ 義務付けられたメンタルチェックの結果を受けて適切に対応できるスタッフがいない
▼ この数年、実施してきたが、メンタル不調での休職者や離職者が減らない
▼ 結果が本人にのみ返却されるので、会社として改善のしようがない

   本サービスはこのような課題や悩みを解消するものです。

ストレスチェック実施後フォローサービス概要

●専門スタッフによる高ストレス者への電話ヒアリング

ストレスチェック結果から高ストレス者を抽出し、当社の専門スタッフ(※)が貴社の社外産業保健スタッフとして電話をかけ、ヒアリングを行ないます。   
※EAPカウンセラー(臨床心理士、精神保健福祉士、看護師、保健師、産業カウンセラーなど)

<実施の流れ>
① 社外産業保健スタッフ窓口開設
 当社担当産業保健スタッフを配置します。
② 貴社実施済みストレスチェックの結果データをお預かり
 当社ストレスチェックサービスをご提供することも可能。
③ 電話によるヒアリング実施
 当社担当産業保健スタッフが高ストレス者に対して
 電話によるヒアリングを実施します。
④ ヒアリング結果に応じて適切な情報を提供
 対応例は以下をご覧下さい。

お問い合わせ

<ヒアリング結果別の対応例>
① 特に対応なし (セルフケアの促進と情報提供のみ)
  診断時の一時的な業務状況や疲労度により、状態は改善されている場合 他
② 適切な機関へのリファー(契約相談窓口の利用、医療機関受診の案内 等)
  本人が継続した支援を望んでいる場合、更なる専門家の支援が必要である場合 他
③ 積極的な介入による課題解決のご提案 (企業への情報開示 等)
  放置すると心身の症状が悪化する可能性がある場合、コンプライアンスにかかわる問題
  など企業としての対応が必要な場合 他

●専門コンサルタントによる訪問コンサルテーション(1回)

<コンサルテーション内容例>
  • 実施報告書の提出
  • 人事労務的な対応や職場環境調整が必要なケースについてのアドバイス

    積極的な介入のケースとして、課題を抱えた従業員への対面カウンセリングなどの継続支援をオプションで用意しています。

    ※ 個人情報の開示については本人のプライバシーを尊重しつつも、カウンセラー倫理規定や契約事項に基づいた対応をさせていただきます。

ストレスチェック実施後フォローによるメリット

■ 企業のリスクマネジメントの観点で判断し、積極的に介入して課題解決を図ります。

従業員の心と身体の健康を保持増進する義務を負う企業様の視点に立ち、放置することで企業の信頼や責任にかかわる事項については、積極的に介入し、従業員にも理解を得るように働きかけます。

■ メンタルとキャリアの両面から従業員の抱える様々な課題への対応が可能です。
EAP(従業員支援プログラム)に寄せられる相談は、ワークからライフに至るまで様々です。日々、そういった相談に対応するEAPカウンセラーですので、多角的な視野で従業員の抱える課題をヒアリングし、解決へのアドバイスを行います。

■ 組織の資源や課題ごとに、最適なサポート体制を提案させていただきます。
ヒアリングの結果、適切な支援の方向として個別対面カウンセリングによる心理療法などのメンタル支援が必要な場合は、弊社のオプションサービスを活用しての連続した支援体制の構築が可能です。その他、企業資源の事情に応じ、カスタマイズした対応をご案内いたします。

お問い合わせ

>>「ストレスチェック・職場組織分析サービス」に戻る