ヒューマンリソース倫理要綱


1.社会的使命の認識と社会への貢献

 当社は、メンタルヘルス&キャリアカウンセリング及びコンサルティング、又はサイコセラピー、ヒーリングという、社会的・公共的にも個人や企業、産業社会に対して大きな責任を持つ業務を行う。 個人の人間的成長を援助し、更なる産業社会の発展に資することを使命とする。 その使命を認識し、その使命に鑑み職務を行うにあたっては、広く社会からの揺るぎない信頼を得ることを宣言し、公正・誠実な業務遂行を行うことによって社会に貢献する。

2.守秘義務の徹底

 当社は、個人の尊厳及び個人のライフスタイルの多様性を尊重し、顧客の利益を第一義に考える。 職務を通じて知り得た秘密は、正当な理由なく他人に漏らすことや利用することは決して行わず、カウンセラー、コンサルタント、サイコセラピスト、ヒーリング・アドバイザーとしての守秘義務を徹底する。

3. プロフェッショナルとしての自覚とたゆまない研鑚

 当社は、高い専門性と高い技術を有するプロフェッショナル集団として、常に自己研鑚をたゆまなく行い高品質の成果を顧客に提供する。 自己責任原則に基づき、自らの専門的業務の及ぼす結果に責任を持つ。 カウンセリング及びコンサルティング、又はサイコセラピー、ヒーリング業務の重要性に鑑み、自己の能力を決して過信することなく、自己の能力の限界も自覚し、必要に応じて他分野の専門家の協力を受けるなど、常に顧客が最大限の効用を得ることに留意する。

4.法令・社会的規範の遵守

 当社は関係する内・外の法令や規則のみならず社会規範をも厳格に遵守し、社会からの信頼を維持するとともに、一層の向上を常に行う。自己に厳しい職業倫理を課し、高い見識と自己規律をもって行動することを誓う。

5.企業秘密の厳守の徹底

  当社の役職員は、業務を行う中で培った豊富な経験、成果物、ノウハウをはじめとする知的所有権はもとより、一切の企業秘密を会社の断りなく第3者に開示・提供してはいけない。役職員が退職する際にも同様であり、又、それらを役職員個人の業務又は、事業活動のために使用してはならない。

6.利益相反行為の禁止

  当社の役職員は、顧客や取引先、又は役職員との間で、社会的儀礼の域を越える過度な接待や金品の授受、あるいは役職員としての地位を利用して自己又は第3者の利益を計るなど、業務遂行の結果として顧客より提供される利益を個人の立場で収受、あるいは個人の立場で顧客や取引先に利益を提供してはならない。

1999年12月8日
キャリアマネジメントコンサルティング株式会社 代表取締役 吉田純一